So-net無料ブログ作成
検索選択

1W×5LED懐中電灯!!! [LED]

 12V型懐中電灯が更にパワーアップしました。今度はE27LED電球の光源を使いました。

 s-1wx5led_kaichu014.jpg
全光束460lm。今までのLEDライトとは次元が違う明るさです。

 

  懐中電灯本体は3年ほど前にホームセンターで398円で買ったモノですが、光源を豆電球からLEDに交換しています。そのLEDがパワーアップして今回が3作目となります。

 

 s-kcdt005.jpg
1号機は25-SMD。電球色なのであまり明るくありませんでした。 (詳細記事はこちら)

 s-9smd008.jpg
明るさアップを狙って作った2号・交換用バルブは昼光色・126lm。(詳細記事はこちら)

 s-2d000.jpg
電源は単一4本分のサイズに単三ニッケル水素10本・12V。(詳細記事はこちら)

 s-1wx5led_kaichu008.jpg
今回は12V用LED電球から取り外して余った昼光色の光源を使います。

 s-1wx5led_kaichu003.jpg
電池に被せるパーツの、電球に繋がる端子をニッパーで短く切りました。

 s-1wx5led_kaichu004.jpg
電球が入る円筒部分内側の4つのリブをカッターで削り取ります。

 s-1wx5led_kaichu005.jpg
アルミのLアングルと100均パイプで作った、5LED基板を支えるパーツ。

 s-1wx5led_kaichu006.jpg
円筒に差し込んで嵌合のキツさを確認します。しっかり固定されました。OKです。

 s-1wx5led_kaichu002.jpg
リフレクターの中心付近に放熱のための孔を開けることにしました。

 s-1wx5led_kaichu007.jpg
リフレクターを取り付けた後にLED基板固定パーツを差し込みます。

 s-led_drv002.jpg
LED電球補修用に買った300mA定電流ドライバを使います。

 s-1wx5led_kaichu009.jpg
LEDドライバを熱収縮チューブで絶縁。熱伝導グリスを塗ってからLED基板をネジ止め。

 s-1wx5led_kaichu010.jpg
先端のガラスと枠を取り付けて、本体に締付たら完成です。


 s-1wx5led_kaichu012.jpg
眩しい!写真で上手く伝えられないのが残念ですが、直視できないです。

 コレはかなり強力です。LED基板が高温になるので長時間使うとプラスチックが溶けそうです。試していませんが、15分ぐらいが限度かと思います。 



スポンサーリンク


スポンサーリンク



タグ:交換 LED 100均 12v
nice!(57)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 57

コメント 6

鍛冶屋

まいどです oink! さん。

おおっ!やっぱりこう来ましたか^^)。
でも・・・電池10本はたいそきだなぁ、そこを何とか
リチウム電池1本で点かないものでしょうか?。

ところでこのお使いのドライバーは、ACでもDCでも、
また電圧にも関係なく使えるんでしょうか?。


by 鍛冶屋 (2015-04-20 15:50) 

oink!

鍛冶屋さんこんばんは。
>リチウム電池1本で点かないものでしょうか?。
セル1本だと無理でしょうけど、3本か4本なら問題なく点くと思います。
電動工具のバッテリー12Vか14.4Vなら行けそうですね。
壊れた充電器のハウジングケースはまだ捨てていないので、コネクタ部分を使えば割りと簡単に出来そうです。パワーLEDも大量に余ってますし。

ドライバの仕様ですが以下の通りです。
・4~9×1wLED
・Input AC/DC12V
・Output 12V~33V 300mA
by oink! (2015-04-20 19:50) 

らしゅえいむ

うわわわわ~っ!!!!!
ついていけねぇ~・・・・・・・・・・・・
by らしゅえいむ (2015-04-20 21:34) 

電子工作好き

こんばんは~
8枚目9枚目の画像にしびれました。流石です。

私の好きな、爆光LEDライトネタで嬉しいです。
このライトで夜道を照らすとどうなるか、現場写真を希望したいです。
超ビームが飛ぶ様は壮観だと思いますよ。
是非、次回ネタで希望したいです。

>・Input AC/DC12V
ああなるほど、ブリッジダイオードを噛ましてあるわけですね。
交流でも使えるのは便利そうです。

>・Output 12V~33V 300mA
ふむふむ、アウトプット電圧が可変式なのですか。
(LED板の方を1~3枚切り替え式なんて基地外仕様を連想しちまいました、うひひw)
でも1つの機器でLEDを増やす事は普通は無いですよね?
という事は…もしかして12Vの定電圧のまま
mAの方を可変化できれば、調光可能にできませんか?
不必要な時には光量を減らせば、発熱も減らせるわけです。
(どのくらい発熱してるんだろ?温度の方も是非w)
このLEDドライバについて、もっと知りたくなりました。
by 電子工作好き (2015-04-20 22:31) 

oink!

らしゅえいむさん、こんにちは。
どうもどうも。LED電球を懐中電灯に移植しただけです。
by oink! (2015-04-21 08:00) 

oink!

電子工作好きさんこんにちは。
5LED基板を支えるパーツはパイプの径が丁度いいのと、縦のスジがヒートシンク的なのが良かったと思います。

ライトの光り方ですが、遠くを照らすというより、ワイドに照らす感じです。
この辺はリフレクターの形とLED基板の位置で決まるので、レンズで屈曲させないと遠くを照らすのは難しそうです。車の下回りや、机の下のPCを弄るような時に使うと便利です。

ドライバは可変というより、LEDを4個点けても9個点けても300mA流れるってことだと思います(多分)。このようなLEDドライバは色んな仕様のものが1個あたり2-300円ほどで売ってます。もっと強力なものや、可変タイプもあるかもしれません。

熱はLED電球の状態で30分も使うと触れないぐらい熱くなるので、懐中電灯に付けて使った場合、アルミパイプを支えている筒が溶けてゆるくなって、基板が傾きそうです。

ドライバを3つ並列に繋いで27パワーLEDとか、割りと簡単に出来そうです。
by oink! (2015-04-21 08:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...