So-net無料ブログ作成

ハンディブロワーを作る [3Dプリンター]

 

この記事はhttp://jibundeyarou.com/blower01/に移動しました。 



スポンサーリンク


スポンサーリンク



nice!(54)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 54

コメント 19

OK2009

最近のoink!さんのブログを見てて思うことは、3Dプリンターを購入してから記事の種類が変わった事。
やっぱり3Dプリンターは存在感大きいですか?
by OK2009 (2016-01-11 15:32) 

Jetstream

パーフォーマンスはご不満のようですが、ラセンのアイデアといい素晴らしい、出来栄えもいいですね。強力なモーターに替えればもっと使えるんぢゃないでしょうか?
by Jetstream (2016-01-11 17:35) 

ワンモア

凄い!こうして使わない部品を利用するのに3Dプリンターは良いですね^^
by ワンモア (2016-01-11 17:36) 

じょい

すごいですねー!
何がすごいかって、3Dソフトで自在に設計されるところがすごい!

こんなのほしいなーって思いついたら、すぐに設計できちゃうって。

3Dプリンターって欲しくなるけど、買っても設計出来なくって放置しそうなんで手がでないです。
by じょい (2016-01-11 19:49) 

oink!

OK2009さんこんばんは。
外注して造形することは20年ぐらい前からやってますが、それが自分の家で、安くできるのは凄いことです。工作の幅が広がりますね。
by oink! (2016-01-11 23:06) 

oink!

Jetstreamさんこんばんは。
ありがとうございます。
本当はこの後、握りやすく、カッコ良く改良した2号機を作ろうと考えていたのですが、思ったほど風が出ないことが分かって、熱が冷めてしまいました。
ブロアにはシロッコファンのほうが良いのかも、って思いました。
by oink! (2016-01-11 23:14) 

鍛冶屋

こんばんは oink! さん。

改めて 3Dプリンターの有用性に感じ入る記事ですね。
もちろん、それを使いこなせるoink! さんなればこそなのですが。

>思ったほど強い風が出ませんでした。
先端径の⑩mmは太いのでは?。
似たようなブロワ兼掃除機(?)見たいなのを持っていますが、
先端の穴径は5mmほどです。
空気の取り入れ口は、ファンネル状にした方が良くないですか?。
(また、内部の螺旋は単に空気抵抗でしょうね^^;)
 
 
by 鍛冶屋 (2016-01-11 23:15) 

oink!

ワンモアさんこんばんは。
お手軽に、早く、安く出来るのがいいですね~
でもまだ失敗プリントのゴミをたくさん作ってます氵
by oink! (2016-01-11 23:19) 

oink!

じょいさん、こんばんは。
ありがとうございます。
3Dプリンターを使うなら3Dモデリングが出来たほうが絶対楽しいと思います。
以前なら数10万円するレベルのソフトがタダで手に入る時代ですから、少しずつ習得するのもいいですよ~
by oink! (2016-01-11 23:32) 

oink!

鍛冶屋さんこんばんは。
イメージとしてはドライヤーのhigh(Turbo)ぐらいの風だったんですが、その1/5ってところですかねぇ。
ノズルを外した方が風を感じるので、ノズルの形が良くないんでしょうね。螺旋は完全に蛇足のようです。
多分こういうのもチューンすれば効率よく風が出るとは思うのですが・・・改善効果は微々たるものって感じもします。(やるならファンを替える方がいいような)
by oink! (2016-01-11 23:54) 

Jnaka

あまり詳しくはないのですが、自分も似たようなものを作ったことがあります。
ノズルを付けるとノズルから風があまり出ませんでした。

どうやら、「風量」と「静圧」は違うということらしいです。

風を絞ったりできるには静圧が高くないと風量があっても駄目らしいです。

by Jnaka (2016-01-13 18:51) 

oink!

Jnakaさんこんばんは。
まあ簡単には出来ませんね。でも作っちゃ~直して、って作業は3Dプリンターがあれば割りと気軽に進められると感じています。
園芸や大工用のブロアはシロッコファンが使われていることを考えると、色んな面でそっちのほうが有利なのかな?って気がします。
でもそもそも廃品利用なんで、あまり深追いはしない予定です。
by oink! (2016-01-13 22:03) 

Jnaka

oink!さん、おはようございます。

プリンター付属のUSBケーブル、気を付けたほうがいいです。

当方のプリンターが土曜の夜辺りから、プリントが中断するトラブルが出ていました。
決まってPCのアプリとの接続が切れて止まっているのですが、そのまま接続をかけると問題なく接続できるのです。

アプリやPCの問題か、プリンター側の問題かを切り分けながらテストプリントを繰り返し、判明したのがUSBケーブルでした。

USBケーブルを交換した後は途中で止まることもなく安定動作中です。
もし、付属のケーブルをご使用中であれば、折を見て交換されておく方が良いと思います。

ちなみに、こちらのプリンターはノズルを0.2mmに交換してしまいました。
by Jnaka (2016-01-26 08:15) 

oink!

Jnakaさんこんにちは。
私の場合はUSBハブに付属のケーブルを挿して使っていたところ、途中の止まっていたことが何回かありました。その後PCに直接挿すようにしてからはまだエラーは出ていません。
こういうケーブルは芯の細い、タダみたいに安いのが使われていそうですね。
0.2mmのノズルはいかがでしょうか?またお聞かせください^^
by oink! (2016-01-26 13:04) 

Jnaka

oink!さん、こんばんは。

0.2mmノズルは思ったより順調に動いています。
もっと詰まったりするかと思っていました。

造形の違いは。。。
比較できるようなものをあまり作っていなかった事に今更気がつきました。
今さっき、rookを0.05mm積層でテストプリントしたものが出来上がりましたが、かなり綺麗です。
まだ設定に甘いところがあり、TOPの平面が閉じきれていない部分はありますが、温度と吐出量はだいたい定まってきました。

これから、0.025mm積層のrookをTOP平面の問題を解決した設定でプリント開始です。
出来上がるまで12時間半かかるようです。

1号機も0.025mm積層でプリンターテスト用のモデルをプリント中で、後7時間ほど。

そろそろプリントの高速化も考えないといけませんね。

by Jnaka (2016-01-26 19:43) 

Jnaka

oink!さん、こんばんは。

ちょっと間違えちゃいました。
0.025mmでプリントしているつもりで0.05mmのままでした。
従って、12時間半というのも0.05mmでの時間でした。
0.025mmでは25時間でした。

実用的な時間じゃないですね。

by Jnaka (2016-01-26 21:47) 

oink!

Jnakaさんこんにちは。
0.2mmのレビューありがとうございます。
rookってΦ30X60ぐらいですよね。
25時間ですかぁ。やっぱり時間かかりますね。
大きい物だと3日ぐらい動かしっ放しって感じになりそうですね。途中で失敗したら・・
今後の3Dプリンターはノズルの数が4個とか8個とか数を増やして高速化と、色数増やす方向かな。
by oink! (2016-01-27 09:00) 

Jnaka

oink!さん、こんにちは。

0.025mm積層のRookが予定よりも早く完成しました。
実時間は15時間と20分ぐらいでした。
TOPの平面が閉じきれない問題はかなり改善したものの、一部穴が残ってしまいました。

印刷時間が16時間以内だったとはいえ、やはり実用的な積層サイズではない気がしています。
0.1mm積層でも十分に綺麗ですから、気合いを入れた0.05mmができれば十分かもしれません。

FDM方式は言わばラインドットインパクトプリンターのようなもので、この方式自体は高速化や多色化、高詳細化には向かないのでいずれ違う方式になっていくだろうと思っています。
多ノズル化で大きなブレークスルーがあれば、FDMの派生系が出てくるのでしょう。

by Jnaka (2016-01-27 14:14) 

oink!

Jnakaさんこんばんは。
私からすれば0.05でも十分すぎる細かさだと思います。
時間は寝る前にセットして、起きたらできているぐらいがいいですね。
FDMは扱いやすい点が他の方法より魅力です。どうせなら多ノズルにして成形機のようにペレットを溶かして押し出すような仕組みにしたらどうなんだろって思います。
やっとデスクトップで造形できるようになったばかりなのに、欲こいちゃいけませんね。 ┐('д')┌
by oink! (2016-01-27 21:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...