So-net無料ブログ作成
検索選択

バッテリー電源ライン強化 [太陽光発電]

 チャージコントローラーとバッテリーをつなぐ線を太いケーブルに交換しました。これで許容電流は今までの倍の30アンペアとなり、安全かつ効率よく使えるようになりました。

s-bt_line001.jpg
カインズで購入したVCT 5.5mm2。 280円/mでした。


  今まではというと2mm2の撚線で繋いでいます。2芯の安全電流(10m)は15Aで、余裕がありません。たまにヒューズホルダー付近を触ると熱くなっていることがあります。

s-bt_line006.jpg
というか、ヒューズホルダーが茶色く焦げています。

s-bt_line007.jpg
その2mm2撚線の手前で100VAC用ブレーカーと電圧計につながっています。

s-bt_line012.jpg
まずはケーブル両端のシースを剥いて加工します。

s-bt_line002.jpg
片側にY字端子を取り付け、ヤスリで幅を細く削りました。

s-bt_line003.jpg
反対側にはブレードヒューズホルダーとスリーブを取り付けました。

s-bt_line008.jpg
ヒューズホルダーの線は3.5mm2ですが、それでも以前の1.5倍に太くなりました。

s-bt_line004.jpg
端子台に電圧計用のDCジャックと2mm単線を2本ずつ。

s-bt_line005.jpg
5.5mm2ケーブルを重ねて共締め。

s-bt_line009.jpg
ブレーカーと電圧計に繋いでスッキリ。(+-入れ替えました)

s-bt_line010.jpg
PC用のインバーターをバッテリー切替スイッチの後ろに接続する形に変更しました。

s-bt_line011.jpg
これならバッテリーの電圧が下がってインバーターがピーと鳴っても慌てなくて済みます。

 バッテリーの電源ラインは強化されましたが、肝心のバッテリーの方は使い始めから2年経ち、劣化が進んで来たように思います。これについてはまた改めてレポートします。



スポンサーリンク


スポンサーリンク



nice!(24)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 24

コメント 10

SG

oink!さんは、たしか、電気工事士をお持ちでしたよね。
右手の握力が戻ってきたので、12V電源開発に手を付けはじめています。
カインズにいってチェックします(笑)。
畑の一部を刈り払い、100wパネルを二枚置こうと思ったら、距離が25mとながくて、あと耕すときに引っかけないようにケーブルをどう引き回す、あるいは埋没するのかとか、検討課題も多すぎて、1枚でテスト稼働へ、大幅に縮小し見直し中です。


by SG (2013-07-22 21:31) 

oink!

SGさんこんばんは。
パネルを置く場所がいくらでもあるんじゃないですか?(゚∀゚ )羨ましいです。
私がやるとしたらアングルで角度付けて、ブロックのオモリ乗せて終わり。ケーブルはVVFで安く上げて埋めちゃいます。200Wなら2mmのビニルケーブル露出でも十分かも。そのほうが簡単ですね。
by oink! (2013-07-22 23:29) 

ヘリオスタット

oink!さんこんにちわ。
焦げ跡は怖いです。そこに太いケーブルへ交換は安心感は段違いでは?
見た目もスッキリでいい感じです。羨ましいセンス。
ちなみに私も地中に埋めると思います。確か電柱立てるとなると電圧などが法律に触れませんでしたか?
頑張ってください。
by ヘリオスタット (2013-07-23 16:56) 

oink!

ヘリオスタットさんこんばんは。
線が太くなったら熱を帯びることが無くなりました。もっと早くにやっておくべきでした。
ちなみに独立型太陽光発電では30V未満であれば法律的に問題になることはほとんどありません。逆に電気工事士の資格があっても自分の家にDIYで系統連系型のシステムを設置できないっていう変な規制があります。(電気工事業法の絡みで)
まあ、小規模な独立型をちまちまとやるのが楽しいです。
by oink! (2013-07-23 22:52) 

ラジオペンチ

おはようございます。
電線の色の選択は電気工事士の作法でやられているんですね。私なら黒はマイナス側に決めているので白黒の線なら白は自動的にプラスにしちゃったと思います。

あと、12V系はどこかで接地とかされているんでしょうか。このところ雷が多いのでちょっと気になりました。
by ラジオペンチ (2013-07-24 06:20) 

oink!

ラジオペンチさんこんにちは。
線の色は3芯VVFの赤が入ってくると訳が分からなくなりそうなので非接地側=黒にしました。といっても接地側=白は接地していません。
ただ単にマイナス側にアース棒で問題ないのでしょうか?かえって変なことになりそうなので止めました。PV用SPDっていうのも検討したことありますが面倒くさくなって・・・
by oink! (2013-07-24 08:54) 

ラジオペンチ

Oink!さん、今晩は

Oink!さんとこは規模が大きいし、屋根の上にソーラーパネル置いたりしているので、いろんな危険を減らすためにはアースしておいた方がいいと思います。バッテリーのマイナス側をアースすればOKです。

12V系がアースから浮いているといろんな問題や危険があると思います。

ちなみに、以前の記事で12Vの3端子レギュレーターがよく壊れるという話がありましたが、犯人はこのあたりに潜んでいるような気がしてきました。
by ラジオペンチ (2013-07-24 19:52) 

oink!

ラジオペンチさんこんばんは。
3端子レギュレーターの破壊まで話がつながりますかぁ。
(最後に作ったヤツはダイオード追加したためか、壊れないで使えています。)
アドバイスありがとうございました。近いうちにアースしてみます。
by oink! (2013-07-24 20:46) 

電子工作好き

こんばんは~。

電子器機の温度管理は、地味だけど重要なテーマですね。
例えばLEDなども過電流を流さなくても、熱を上手く逃がしてやらないと
熱崩壊してしまいますから。。。
(それに電線が発熱していると危険ですよね)

私も狭いボックス内に封じ込める器機類は特に念入りにテスト運用で
温度を測ろうと自分に言い聞かせました。
by 電子工作好き (2013-07-25 00:18) 

oink!

電子工作好きさんこんばんは。
熱を逃がすためにヒートシンクを使ったり、ファンを回したりというのが一般的ですが、水冷やペルチェ素子っていうのは何か惹かれるものがあります。
まあ今回のようなケーブルのキャパオーバーから来る発熱に使うものではありませんが、いつか使ってみたいと思っております。
by oink! (2013-07-25 19:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...