So-net無料ブログ作成
検索選択

シガソケホルダー [3Dプリンター]

 この記事はhttp://jibundeyarou.com/cigasoc_hldrに移動しました。

 s-sigasoc001.jpg



スポンサーリンク


スポンサーリンク



nice!(48)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 48

コメント 18

ロートレー

ねじ山がぴったり合うなんて信じられません。
完全に実用の域に達しましたね。
現存するパイプのオスねじを複製するのも可能でしょうか
by ロートレー (2015-12-21 13:48) 

ワンモア

GIF画像が大変わかり易いです。
ロートレーさんの言うとおり、
完全に実用の域だと驚嘆しておりますっ゚д゚)

by ワンモア (2015-12-21 22:37) 

鍛冶屋

こんなに確りねじ山が再現出来るとは驚きです!
・・・3Dプリンターも、ここまで来ましたかぁ...。


by 鍛冶屋 (2015-12-21 22:43) 

oink!

ロートレーさんこんばんは。
実はネジはソフトのプラグインでサイズとピッチを指定すれば一瞬でモデルが出来てしまいます。実際に出来たネジは最初ものすごく固いのですが、シリコングリスを塗って摺り合わせすればスムーズに動くようになりました。
サイズとピッチが分かれば、多分どんなネジでも複製出来ると思います。
by oink! (2015-12-21 22:46) 

oink!

ワンモアさんこんばんは。
ありがとうございます^^
機械をチューンするのも楽しいですが、その機械を活かして何が作れるかっていうところに力を入れたいです。
by oink! (2015-12-21 22:50) 

oink!

鍛冶屋さんこんばんは。
このプリンターでもちゃんと機能するねじ山は作れますね。
ただ、肉薄だと千切れやすいです。この辺はいろいろノウハウがありそうです。
by oink! (2015-12-21 22:58) 

電子工作好き

こんばんは~

凄い!もうこれは、特定の機器専用の補助パーツを自作って事ですよね?
高度です!憧れますね。私も早く3Dプリンター欲しいなぁ。
(私が狙っている機種は来年の3月に発売だそうで…どうなるか?)
by 電子工作好き (2015-12-22 01:24) 

oink!

電子工作好きさんこんにちは。
ありがとうございます~
>来年の3月に発売だそうで
どの機種か全然分かりませんが、楽しみですね~
by oink! (2015-12-22 07:55) 

マ男

初めまして
昨日、恐らく同じ型と思われる組み立てキットが到着して
こちらの組み立て記事を大変参考にさせて頂きました♪

おかげさまで、すんなり完成まで漕ぎ着けることが出来ました。
有難うございました@

フィラメントが付属していると勘違いしており、実際の出力は
後日となりそうですが。。。

ところで、oink!さんは旧ファームウェアをご使用の様ですが、
旧ファームを利用しないと出来ない設定値等があるのでしょうか???
暇だったので新ファームと旧ファーム両方試しましたが、新ファームの
方が、アーム制御やホームの位置出し等が最適化されている気がしたので、
恐らくCureのオートレベリングが動作しないのも旧ファームだからの様な気がします。
新ファームはmicromake社提供のCure経由で書き換えできました♪
私は「Machine」→「Install default firmware...」で新ファームになりました
ホームの位置出しが三点のタワー同時になって何だかカッコいいです(笑
ちょっと気になったもので。。。蛇足でしたらスミマセン@

それでは、また勉強させて頂きに来ます♪
by マ男 (2015-12-22 15:23) 

oink!

マ男さんこんばんは。
特に意識して旧ファームウェアを使っているということではありません。新しいのがあるというのを知らないだけです。
逆に質問ですが、何を見て「旧ファームウェアを使っている」と分かったのですか?
新ファームウェアというのはmicromake.inoのV2.4より新しいものということではなく、Curaのmicromake.hexの新しいものということですよね?
さっき見てみたら「Install default firmware...」はグレーになっていました。
もしよろしければ新しいのがどこから入手できるのかkwsk(^_^;)

by oink! (2015-12-22 18:31) 

oink!

マ男さん、Curaのinstall Custom firmware でMicromake.hexの2015.09.08のをインストールしてみたら、おっしゃるようにホームの動きが変わり、オートレベリングが動くようになりました。
最初にMicromake-HBK.hexのほうをインストールしてみたんですが、こちらはオートレベリングでエラーが出ました。
こんなふうになっていたとは全然気が付きませんでした。ありがとうございました。
by oink! (2015-12-22 19:46) 

マ男

oink! さん返信有り難うございます。
新ファームへの書き換えがうまくいった様で良かったです。
私も全く無知なもので、旧ファームの方が利便性が高のでは?と
根拠なく勘ぐっていました(笑
「旧ファームを使っている」と分かったのは、「Arduino経由でのファームの
書き込みをしていらっしゃった」のと、「Curaのオートレベリングが動かない」との記述から分かりました。
最新のファームはMicromake社のダウンロードページ提供のCuraに含まれておりました。
Micromake社は、最新ファームのソースを公式には公開しておらず、Cura
の一部に組み込んだ形として提供しているとの情報がありました。

Arduinoを使わずCuraのメニューから一発で最新ファームへの書き込みが行われるのでユーザーにとっては有り難い事かもしれません。
日本のサイトでCuraからのファーム書き換えを説明しているサイトは無く、この辺は皆さんArduino経由で旧ファームを使われている方が多いように思います。

公式の組み立て説明動画でArduinoの操作などの説明が無く、いきなりCuraのインストールが始まるのもこの為と思われます。
よく見ると、Cura経由でファームの書き込みをしている箇所が見れます。

私的には値段のわりに、しっかりした作りをしており、出力品質に大変期待している機種になります。
全パーツを含めて全て射出成形である部分も嬉しいです。
ドライ運転しかしておりませんが、かなりのポテンシャルを持っているのでは?と思っています。

また、実際の出力を試してみたらお邪魔致します♪
それでは@
by マ男 (2015-12-23 09:35) 

oink!

マ男さんこんばんは。
詳細に解説いただきありがとうございます。やっとCuraのファームウェアの意味が分かりました。
書き換え後に試しにプリントしてみたんですが、当然ながら?以前configuration.hで設定した値がクリアされているようで、空中でプリントを始めました。恐らくロッドの距離(DELTA何とか)も合っていないのでは無いかと思います。
とりあえずmicromake.inoのV2.4に戻しました。
Curaでファームmicromake.hexをインストールした場合、micromake.inoのconfiguration.hでに相当する部分ってどこかで設定できるんですか?
今の所、Curaでファームを上げるメリットが見えないです。
by oink! (2015-12-23 22:16) 

Jnaka

oink!さん、マ男さん、おはようございます。

私もCuraのファームを試してみたのですが、初期の高さ設定が200になっているようです。
これ自体は大して問題ではなく、オートレベリングコマンド(G29)で高さを柱の根元を測って自動的に取得し、G28でリセット後はそれを基準に動きました。
ただ、ヘッドを水平に動かすことができず、うちの場合は中央が下がった曲面になってしまいました。
プリンター本体のメニューを見てみましたが、それを補正するようなものが見当たらなかった為、元のファームに書き戻してしまいました。

もしかしたら、マ男さんのプリンターヘッドは一つ前の型なのではないでしょうか?
oink!さんと私のプリンターヘッドは、ホットエンドをカップ状に囲んだ成型品があり、その側面2箇所にファンが取り付けられています。
カップ状の成型品の下部からリンクアームがつながるようになっています。

新しいヘッドだとちょっと寸法が変わっているので、MICROMAKEのデフォルト設定ではヘッドが水平に動かないのです。
by Jnaka (2015-12-24 08:59) 

NO NAME

oink!さんJnakaさん、こんにちは。
私はCura経由での設定変更は、Cura内のmachine debuggerを利用して行いました。
Auto LevelとParameterの修正できちんとした精度で出力出来ています。
プリンターヘッドに関してはホットエンドをカップ上に包んだファン2個付きのもので、恐らく同じ型だと思われます。

ParameterのRod Lengthが狂っていると、Jnakaさんの仰るような動作になると思うのですが、Rod Lengthの値を確認してみると幸せになれるかもしれません。

私も本当に最近、3Dプリンタを触り始めたばかりなので憶測になりますが、Rod Lengthが怪しいように感じます。

ちなみに、やっとフィラメントが届いたので10mmキューブとmicromakeのロボットを出力してみましたが、安定して綺麗に出力できました。

by NO NAME (2015-12-24 16:55) 

oink!

Jnakaさん、マ男さんこんばんは。
ホームポジションの動きが一本締めぽいのはいいですね。でもそれ以外で何がV2.4より優れているのか正直よく分かりません。
私は今の所CURAから出力しているので一番新しいファームが使えるのは嬉しいですが、それ以外のソフトから出力する場合、machine debuggerのParameterは踏襲されるのか、消えてしまうのか、その辺りが気になります。
逆にmarlinの最新版をmicromake用に弄った方が(と言ってもネットで探して、誰かの真似ですが)色々出来そうな気がします。
ホームポジションの動きもArduinoで何かを書き換えれば一本締めにならないもんですかね?
by oink! (2015-12-24 21:55) 

Jnaka

oink!さん、こんばんは。

以前、Marlinの最新版のソースを調査していましたが、処理全体がいろいろと修正が入っていました。
ヘッドの位置計算処理もだいぶ変わっていました。
正直、どちらが良いかは動かしてみないと判りません。

Cura Debuggerは恐らくEEPROMの設定値を更新するものと思います。
変更結果はプリンター本体に記録されているので、制御アプリを変えても問題はないと思います。

ソースを書き換えれば、ホームへの動かし方とは、ある程度変えられます。
ハード限界を超えるような事、物理法則を無視するような事は当然ながらできませんが。
MarlinはC言語で書かれています。拡張子はCppですが。

Repiter Firmwareもどんな感じか試してみたいと思っています。
ちなみにこちらはC++で書かれています。

by Jnaka (2015-12-24 22:37) 

oink!

Jnakaさんこんにちは。
Cura Debuggerの設定がROMに記録されるなら汎用性はありそうですね。
手軽さを求めるならCura、細かくチューニングしたいならArduinoって感じになるのかな。
C言語は30年前にチョロっとかじっただけなので、Marlinを弄るのは私には無理です。Jnakaさん、ぜひ展開を^^
by oink! (2015-12-25 08:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...