So-net無料ブログ作成
検索選択

導電接着剤作り [電子工作]

この記事はhttp://jibundeyarou.com/douden_pst01に移動しました。

 s-douden003.jpg



スポンサーリンク


スポンサーリンク



タグ:接着剤
nice!(67)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 67

コメント 20

SG

導電性を保つためには、金属の粒子を固める材料が導電性でなければなりません。
 銀スズの合金粉末を液体金属である水銀で練り固めると硬化するというアマルガム現象が起きます。これは導電性があります。
 導電ペーストってのは、何で液体化しているのか? 興味がありますね(笑)
by SG (2016-03-28 16:10) 

SG

ちょっとググったら、金属のフィラー同士が接触して導電性を発揮するってことが起きているようです。我々業界も、樹脂でフィラーとマトリックスの複合レジンを使いますが、フィラー同士がすべて接触するようにするためには、どうしたらいいのかな? 材料学的に面白いですね。
フィラーがすべて接触するような電気的特性みたいなのがあればいいのかな?
 なかなか、興味深い分野ですね
by SG (2016-03-28 16:15) 

mytoshi

電子部品の電極作製に使う導電性ペースト等は直径数μmの超微細球状粒子を均一分散させています。
なので、人間が手で削って作るサイズでは到底無理です。
by mytoshi (2016-03-28 18:25) 

まいく

フレキを修復する発想がすごい。
鉛筆で引いた線は抵抗にはなりましたよね、
子供の化学か何かで実験したような。。
by まいく (2016-03-28 23:45) 

電子工作好き

こんばんは~

エポキシ樹脂に金属粉を混ぜて導電ペースト化…
私も頭の中で考えた事は有りますが、実際に試作した事は有りません。

こういう普段からの試行錯誤も、実際に何かを作る時の参考情報に
つながって行くのだと思います。
ハンダ付けで修復する方法だと、基板が頻繁に折れ曲がる部分だと
使えないんですよね。(とっても参考になります)
by 電子工作好き (2016-03-29 05:42) 

oink!

SGさんこんにちは。
当初、導電接着剤をぐぐっていたら、「銀の粉とエポキシを混ぜれば簡単に
作れる」というのを見つけたので試してみたのですが、買った方がいい
というのが結論です。
「アマルガム」というのは歯医者で聞き覚えのある単語です。
同じ意味なんですかね?
by oink! (2016-03-29 08:26) 

oink!

mytoshiさんこんにちは。
>なので、人間が手で削って作るサイズでは到底無理です。
何でも試してみるのがこのブログの方針なので。
by oink! (2016-03-29 08:28) 

oink!

まいくさん、こんにちは。
シャーペンの芯を赤熱させて、火を起こすというのは見たことあります。
フレキ用の導電インクと、市販の銀ペーストの違いは何なのか、気になります。
by oink! (2016-03-29 08:40) 

oink!

電子工作好きさんこんにちは。
実際に試してみると、わかることがありますね。
銅の削り粉は、フレキのパターンとの接触が悪かったですが、
導電テープの接着剤並みの通電はできました。
接着剤が銅と銅の間に付いていないということなんだろうから、強度は弱いです。
by oink! (2016-03-29 08:50) 

SG

アマルガムというのは水銀が金属を溶かして合金化することを言います。水銀は面白い特性をしていて、金をも溶かして合金化します。加熱すると水銀蒸気として揮発し、金だけが残るので、電気を使わない金メッキが可能です。中国から伝来した仏像の製作技術の一つです。

炭素の微細粒子と言えばナノカーボンチューブですが、樹脂に溶けなかったと思ったら、樹脂に溶かす方法はすでに確立されていて、樹脂でかためたナノカーボンチューブの電気特性も、すでにググるとでていますね。
 昔大学にいた頃なら、メーカーに「科研に応募するのに、あんたんところの材料を使いたいから、サンプル頂戴」って、手紙書いたら、だいたい、営業担当から電話がかかってきて、もらえたんですけどねぇ。
 個人じゃもらえません。

by SG (2016-03-29 10:30) 

soujirou-3

チャレンジ精神がスゴイです
金属粒子一つ一つにエポキシが覆い伝導しなくなる気がします

by soujirou-3 (2016-03-29 10:50) 

oink!

SGさんこんばんは。
アマルガムについてよく分かりました。
解説ありがとうございました。
by oink! (2016-03-29 21:04) 

oink!

soujirou-3さんこんばんは。
ありがとうございます。
おっしゃる通りです。粗い粉だと樹脂が」回り込まず、かろうじて電気が流れるようです。
by oink! (2016-03-29 21:08) 

KENT1mg

こんばんは。まだ2か月足らずのブログ経験者の私ですが、今回のoink!さんの記事は、個人的に「ブログってこれでしょ!」って感じの傑作でした。表現しようとするコンセプトは違いますが、これからも邪魔にならないように寄らせていただきます。
by KENT1mg (2016-03-29 22:39) 

oink!

KENT1mgさんこんにちは。
どうもありがとうございます^^
今回は期待外れの結果でしたが、こういう記事も多いです。
どうか飽きずにご贔屓のほど、お願いいたします。
by oink! (2016-03-30 08:54) 

鍛冶屋

まいどっす oink! さん。

”たのしい実験室”を思い出します^^)。

ご存知かとは思いますが、こう言うの↓
http://www.blenny.co.jp/r_ag991top/r_ag991ex.htm
楽天で↓売ってます。
http://item.rakuten.co.jp/grass-road/868685/

やっぱり、粒子のサイズ(細かさ)が問題のようですね。

by 鍛冶屋 (2016-03-30 21:54) 

oink!

鍛冶屋さんこんにちは。
導電ペーストを作ってみようと考えたきっかけはまさにそのリンク先です。
銀の粉が高いので代用品を試してみましたが、接着剤の方を水性のものに
したらどうだったんでしょ。(もう試す気はありませんが)
CW2400っていうのは導電接着剤はエポキシなんですよね。
by oink! (2016-03-31 08:13) 

tsoma

ずっと前から拝見しており、初の書き込みになります

導電塗料、接着はフレキ修理に必須のアイテムですよね。大昔は車の熱線修理のもので代用できましたが、今も売っているかどうか?

現在も入手できるものとして、エレキギターのノイズ対策に使う導電性塗料があります。これで代用できるかもです。

私は、生産中止になる直前にEジスPENを入手できたので、これでフレキ基板は修理しています。

このブログのファンですので、これからも色々わくわくする記事を楽しみにしています。
by tsoma (2016-04-01 04:50) 

oink!

tsomaさんこんにちは。
いつもご愛読いただき、ありがとうございます!
導電材料を色々探してみましたが、注射器に入った銀ペーストが
一番安いと思いました。ただし、これで線を引くのは非常に難しいです。
シールド用の導電塗料はどうなんですかね。これで回路の補修に
使えるのかどうか、使えるなら一番お得のように思います。

iPhoneのガラス交換、お手本にさせていただきます。(かなり難しそうですね。)

by oink! (2016-04-01 08:59) 

SG

おお、tsomaさんのコメントだ!
「iPhone のジャンクを集めて修理ネタ」というブログネタの検索をしていて、見つけてました(笑)
 somaさんのリワークステーションって、どんなのか興味がありますね。
 スマホやタブレットのジャンクを集めてニコイチ、サンコイチを作って治す みたいなネタは、じむさん(http://rdstyle.cocolog-nifty.com/gm/)が得意ですが、やっぱり、一流の自作系ブログに集まってくる人は、要チェックですよ。
 「金儲け最優先」のブログを作る若いやつらが増えすぎて、検索時のノイズだらけで、困った時代になりました。
 
by SG (2016-04-01 10:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...