So-net無料ブログ作成

CPUファンクリップを作る [PC]

この記事はこちらに移動しました。

s-clip002.jpg

This article moved here



スポンサーリンク


スポンサーリンク



nice!(16)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 16

コメント 10

ぽちの輔

低電圧タイプでも結構発熱するんですね。
ファンレスで普通に使えると思ってました。
by ぽちの輔 (2012-08-14 14:19) 

鍛冶屋

こんにちは、これまた小技の利いた工作ですね。

ところで、oink!さんは写真が大変お上手ですが、どういった
機材や環境で撮影されておられるのか興味があります。
宜しければ、ご紹介頂けましたら嬉しいのですが^^)。
by 鍛冶屋 (2012-08-14 16:01) 

oink!

ぽちの輔さんこんにちは。
ファンレスだとすぐに80℃ぐらいに達します。
それでも使えるのかもしれませんが、怖いのでファンを付けることにしました。
by oink! (2012-08-14 16:06) 

oink!

鍛冶屋さんこんにちは。
写真は今までに何度か褒められました。^^
でも凄い機材を使っている訳でもなく、カメラはEOS Kiss DNです。
ただ、ストロボを天井に向けてバウンスして・・・それだけです。
あとはフォトショップで明るさ・コントラストをいじったり、トリミングしたりする程度ですか。
by oink! (2012-08-14 16:18) 

goma

バネ線なんて売ってるんですね、またまた勉強になります。
atomで80℃ってすごい発熱ですね。ヒートシンクなんて
触れない状態でしょうか。
自分の場合いろんな計測ソフトを突っ込んでは数値が違ったり、同じPCで同じソフトなのにデュアルブートしているOSで表示する温度が違ったりするので
最近は低発熱パーツばかりでありませんが、あんまり高い温度が表示されるときはヒートシンクに指を当てて試してしまいます^^

by goma (2012-08-14 18:58) 

oink!

gomaさんこんばんは。
バネ線は太さも色々売ってました。バネの強さは買って、開けてみないと分からないので賭けですね。0.8mmだと柔らかめでした。
80℃っていうのはCoreTempでの数値です。ヒートシンクの表面温度は50℃ぐらいですかねぇ、触れないほどアチチではありません。冬場はもう少しぬるいです。
HWMonitorなど他のソフトだとこれがまた温度が違うから困りますね。60℃ぐらいで動いていれば問題ないのかな?と考えています。
by oink! (2012-08-14 20:35) 

Sunday Gamer

いやはや… 
ワイヤーベンディングも寸法に合わせて正確に曲げられるんですね。
そのための道具にも、興味深いモノがあります。
oink!さんは、やっぱりすごいわ(^^;)。
by Sunday Gamer (2012-08-14 23:06) 

COLE

先般は訪問Nice頂きありがとうございました
器用な手作り作品の数々、面白いですねえ
また遊びに来ます
by COLE (2012-08-15 07:53) 

oink!

Sunday Gamerさんこんにちは。
そんな大したものじゃないですよ。公差1mm。
バネですから、ちょっとぐらい長さが違っていても大丈夫です(^ω^)
by oink! (2012-08-15 08:19) 

oink!

COLEさんこんにちは。
どうもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
また訪問させていただきます。

by oink! (2012-08-15 08:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...