So-net無料ブログ作成
検索選択

細ノズルチャッカモン2 [クラフト]

 前回作った細ノズルチャッカモンは圧電素子外してしまいました。どうせならトリガーを引けば、カチッと炎が出るようにしたいな~と思い、作り直すことにしました。

 s-chakka203.jpg
今度はパイプ内にガスチューブの二重構造。Φ4.4mmのロッドアンテナを使いました。


 トリガーを引けばガスに点火できるようにしたいので、元の製品と同じようにガスのノズルに電気を通し、外側の金属パイプにも電気を通す構造にします。

 s-chakka201.jpg
先端にコードをハンダ付けして電極となるようにします。

 s-chakka202.jpg
ガス管はスプレーのノズルを利用。

 s-chakka204.jpg
コード、チューブを通して、アンテナパイプの根元にもう片方のコードを挟み込みます。

 s-chakka205.jpg
元々のスリーブを削ってハメ込み。

 s-chakka206.jpg
前作で作った外側のノズルを切ったものを被せ

 s-chakka207.jpg
組み込んで、あとはフタするだけ。

 s-chakka208.jpg
前回よりもがっちり、しっくり固定されました。

 でも・・・圧電素子で火が点きません。火花は出るのですが、全く着火しません。

 s-chakka209.jpg
単線で電極を追加したり、電極の位置をずらしたりしてみましたが、どうやってもダメ。

 s-chakka210.jpg
ちなみに別体でカチカチやったら点きます。でも点火確率は1/5ぐらい。

 s-chakka211.jpg
別のライターでガスに火を点ければ使えますが、これじゃぁねぇ。

・・・ということで失敗です。狙った所に放電するようにプラグのような電極を作らないとダメみたいです。 (次回の記事で完成版チャッカモンを紹介します。)



スポンサーリンク


スポンサーリンク



タグ:アンテナ
nice!(58)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 58

コメント 8

電子工作好き

こんばんは~
失敗でしたか、しかし少しずつ前進しているのが
感じられて良いです。気長に行きましょう。
(メーカーだって多分、最初から成功はしていない気がします)

>細ノズルチャッカモン
うーむ、CMはカモン達夫さん主演ですか?
(案外、人気が出そうで怖いです)
くまモンの親戚という感じもします。九州で先行発売?
by 電子工作好き (2015-02-13 21:47) 

oink!

電子工作好きさんこんばんは。
ロングノズルのライターのノズル太さは10mmとか細くて8mmといった感じですが、あまり細くすると点火できないと言う理由でこういう太さになっているのかもしれません。
電極間がある程度離れている方が強いスパークが出るような感じがしました。

着火マン(MAN)
着火モン(者)
パチ臭くていいでしょ^^
by oink! (2015-02-13 22:19) 

desidesi

問題があるとすれば、やはり電極かな?
京セラのHP「電気を力に変える / 力を電気に変える」か
JTのHP「電子ライター 着火のメカニズム」が参考になりそうです。
by desidesi (2015-02-14 12:59) 

SG

 私は、その系の専門ではないので参考にもならないかもしれませんが、高周波メスの検証をやっていたころ、アーク溶接(放電)の本を読んだおぼろげな記憶から、
アース側が広く、スパークを飛ばす側が小さく、電流のピークは大きく というのが、パワーを増す条件にあったようです。アース側の面積、電極間の距離のべき乗か、二乗で弱くなるとか、なんか、あったような記憶があります。
 スパイク電流一発だけですので、アーク放電も小さいものですから、なんらかの工夫が必要です。絶縁状態も無視できません。
by SG (2015-02-14 17:19) 

oink!

desidesiさんこんばんは。
ノズルに付いているスプリングの意味が分からなかったのですが
JTのところに書いてありますね。
ありがとうございました。
by oink! (2015-02-14 21:33) 

oink!

SGさんこんばんは。
>アース側が広く、スパークを飛ばす側が小さく、電流のピークは大きく というのが、パワーを増す条件にあったようです。
ってことは、圧電素子のどちら側が飛ばす側って決まっているんですかね?ライターに組まれた通りにすれば間違い無いと思いますが、上の写真のように圧電素子単体でカチカチやっても、どちらからスパークが飛んでいるのか速すぎてよく分からないです。
しかし感電するとチクっと来て、ビビりますね。

by oink! (2015-02-14 21:45) 

鍛冶屋

まいどでっす oink! さん。

もう改良は済んでいるでしょうけど、1・2号ではノズルが
奥まり過ぎてるように思うのですが。

>飛ばす側って決まっている・・・
アークは電子ですから、マイナス側から出るはずですよね。
着地地点は電位差のあるところ・・・、ようは電気を通し易い
金属とか・・・人体とか^^;)なら何処へでも落ちるはずです。

昔、ランプの着火用(?)に、"パーマネントマッチ"で長い柄
のが売られていましたね。
by 鍛冶屋 (2015-02-15 15:47) 

oink!

鍛冶屋さんこんばんは。
ノズルの位置は色々試して、製品よりも前に出したんですがダメでした。
結局のところ、ロッドアンテナより前に出して点火できるようにはなりました。
ただ、これだと先端がちょっと触れただけで曲がったりするのが難点です。

"パーマネントマッチ"って、王様のアイデアかマンガ雑誌の裏の通信販売で興味を持った記憶があります。今でも売ってるんですね。
一応使えるライターにはなったんですが、ノズルの先に石を付けておいてガスを出しながらヤスリで擦るって方式もできそうですね。
by oink! (2015-02-15 17:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...