So-net無料ブログ作成
検索選択

細ノズルチャッカモン3 [クラフト]

トリガーを引けば点火するようにしたい!と、細ノズルチャッカモンの改良が続いてます。

 s-chakka324.jpg
やっと上手く行った~!


 香港コンロの点火に使えるライターが欲しくて細ノズルタイプをこれまでに作ったのですが、圧電素子で点火する部分が思うように出来ませんでした。

 s-chakka014.jpg
市販のロングノズルライターだと、太くて隙間に入りません。

 今度のは火花が上手く飛ぶように対策しました。電極間の距離を稼ぐべく、ロッドアンテナのパイプをもう一回り太くして、Φ5.3mmを使います。 

 s-chakka302.jpg
製品と同じように放電用の三角の電極と、と空気取り込みの切り込みを入れました。

 s-chakka301.jpg
実験でガスを遣い果たしてしまったので2個めを買ってきました。今度は黄色。

 s-chakka303.jpg
ガスのノズルにチューブと単線を繋ぎ、外のパイプと接触しないように絶縁します。

 s-chakka304.jpg
根元にも単線コードをつなげます。

 s-chakka305.jpg
前作の短く切ったパイプを被せます。

 s-chakka306.jpg
組み込んで、あとはフタするだけ。

 s-chakka307.jpg
ダメだ・・・。火花は出るけど、ガスに火が点きません。

 管の細さは市販されているサイズが限界なのか? もしかして、管に電気を流すから上手く行かないのかも?今度は両極ともコードでスパークさせる方法にしてみます。

 s-chakka321.jpg
単線コードを曲げて電極を作り、熱収縮チューブで束ねます。

しかし、コレをパイプの中に収めると放電がパイプにつながって、火が点きません。 

 s-chakka322.jpg
そこで三角の電極を切り取って穴を作り、そこから外に出すことにしました。

 s-chakka323.jpg
やっと点いた!!

 s-chakka326.jpg
太さの比較。元の太さ10mmに対して5.3mm。

点火の様子を動画に収めました。

 

 ちなみに、熱収縮チューブは焦げて煙が出ます。電極も簡単に曲がってしまうので耐久性は無さそうです。でもまあ目的は達成したので一応完成ということにしたいと思います。 

【関連記事】 



スポンサーリンク


スポンサーリンク



nice!(46)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 46

コメント 6

鍛冶屋

こんばんは。

完成おめでとうございます!
(でも、oink! さんの工作にしてはちょっと消化不良感が^^;)。
しかし、外筒を這わすと着火し難いってのは不思議ですな。

by 鍛冶屋 (2015-02-16 21:06) 

oink!

鍛冶屋さんこんばんは。
まあ一応出来ましたが70点ぐらいですかね。
ノズルの先端を削って、電極を一体で作ればもう少し丈夫なのができるかもしれませんが、もう面倒くさくなって。
ストーブの着火だけなら、可燃性のスプレーに金属のノズルを付けて、火炎放射器みたいにした方が早いかもしてませんね。
by oink! (2015-02-16 22:44) 

desidesi

キャンプ用のランタン着火にも使えそう。
仕事が早いですね。動画も見やすいです!(๑◔‿◔๑)
by desidesi (2015-02-17 07:33) 

oink!

desidesiさんこんにちは。
ありがとうございます^^
動画はeosムービーです。ズームがスムーズに行かないのと、後半の露出がアンダーになったり、難しいですね。
by oink! (2015-02-17 08:31) 

ロートレー

ついにやりましたね!
昔の着火マンは使い捨てライターが組み込まれていたと思いますが、今は着火マン自体が使い捨てになっているんですね。
by ロートレー (2015-02-17 08:55) 

oink!

ロートレーさんこんにちは。
使い捨てライターが交換できると嬉しいですが、100均で売っているのは全部使い捨てのようです。ただし、ガスタンクにバルブが付いたモノもあるので、分解して充填はできますね。
by oink! (2015-02-17 12:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...