So-net無料ブログ作成
検索選択

SMDアンプ [電子工作]

この記事はこちらに移動しました。

 s-smdamp003.jpg

This article moved here.  



スポンサーリンク


スポンサーリンク



nice!(33)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 33

コメント 8

あ

チップ部品を半田するなんて…
自分にはまだまだ出来ない作業なのですごいです!!
何にこのアンプを組み込むのか楽しみにしています!!
by (2014-07-07 17:53) 

oink!

あ さん、こんばんは。
チップのハンダ付けは慣れれば何とかなると思います。
もしかしたら全部並べてからバーナーで炙る方がチップに触らない分上手くできるかもしれませんね。今度試してみようと思います。
小さい基板なので色んなモノに収まりそうです。
by oink! (2014-07-07 21:49) 

鍛冶屋

まいどです oink! さん

”ホットガン”って、コレに使うものだったんですね!。
(あれで、どうやってハンダ付けするのか?・・・っとナゾでした^^;)
by 鍛冶屋 (2014-07-08 00:01) 

oink!

鍛冶屋さんこんにちは。
画面が点かないようなノートPCもガンで熱を加えてCPU下のハンダを溶かしてやると直ることが多いみたいですね。「240~250度を5秒」をピークに加熱するといいとか。
今度はリフロー方式でこのアンプを作ってみようと考えています。

by oink! (2014-07-08 08:09) 

電子工作好き

こんにちは~
うひー、細かそうな作業ですね。

>2,チップを置いて、ピンセットで押さえながらハンダを溶かし、
>3,チップが動かないのを確認後、反対側にハンダを塗って、
>4,こてを当てて溶かす。 

んん?チップの片側の4本の脚をハンダ付けして、固定されたら反対側の脚
4本を付けて。。。
という事ですか?反対側と言っても、まさか基盤の裏側ではないですよね

クリームハンダって私は使った事がないのですが、線材のハンダと比べて
使い勝手はどうです?
バーナーで炙るのは、チップや基盤を焦がしそうで、勇気が要りそうです。
でも考えてみるとクリーム状なら、事前にハンダを盛る量を調節できるので
慣れれば私もクリームハンダ一本になりそうな気はします。
by 電子工作好き (2014-07-10 05:46) 

SheepFactry

SMDアンプのチップ抵抗のハンダ付けは、クリーム半田があると便利ですね。私はチップを瞬着で貼り付けて、普通の糸ハンダでハンダ付けしました。盛りすぎたかなと言う時は、半田吸取器で余分なハンダを吸い取ればOKでした。

このアンプ、小さい割になかなかパワフルです。非常に小さいので、ポタアンにするのも良いかもしれないですね。
あと2個残っているので、良いケースを見つけてポタアン作ろうかと画策中です。
by SheepFactry (2014-07-10 14:38) 

oink!

電子工作好きさんこんばんは。
8本足なら1ヶ所まずハンダ付けして動かなくして、残り7本を上からハンダを塗って溶かすという意味です。
普通のハンダとの違いは、やっぱりチップに触れずにハンダ付けできることが大きいですね。コテで熱を加えるのなら普通のハンダを使ってもそうは変わらないと思います。バーナーで炙る場合はハンダの溶け方を見ながらやれば、焦がすことをそれほど心配しなくても大丈夫ではないでしょうか。
by oink! (2014-07-10 20:05) 

oink!

SheepFactryさんこんばんは。
CPUのように下に足があるモノはクリームハンダでないと付けられませんが、足が見えているモノをハンダ付けするなら、糸ハンダで十分出来ると思いました。でもせっかくなので次は全部載せてからバーナーで炙る方法をやってみようと考えています。
この小さなアンプはちょっとした隙間に入るので色々遊べますね。しかも140円っていうのが気に入りました。私もあと2つあるので、じっくり楽しもうと思います。
by oink! (2014-07-10 20:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...